中学受験入塾時のクラス分け

中学受験をしようとするとき、塾を利用する人は多いと思います。その時に必ずあるのがクラス分けです。生徒の学力に応じたクラス分けがされます。クラス分けの最大のメリットは、上位クラスでは、効率的に学力を伸ばすことができ、下のクラスでは自分に合ったレベルとスピードでしっかりと学力を構築できることでしょう。

上に上がる努力をすることは大切

ただ、クラス分けに応じた能力別の授業がされるため、どうしてもクラスのレベルには差が開いてしまいますし、クラスのレベルによってある程度志望校が決まってしまうところがあるのが難点です。そのためにも、自分の志望校受験の対策ができるレベルのクラスに入ることは大切なポイントになってくるでしょう。

はじめから上のクラスに入るのは難しくても、入ったクラスのレベルに安住するのはなく、上に上がる努力をすることは大切なことです。そのためにも、途中であきらめるのではなく、毎月の学力テストなどは、積極的に取り組み、少しでもよい成績が取れるように頑張っていくとよいでしょう。希望のクラスに入れば、今度はそこから下のクラスに落ちないよう、学力を維持していくことが必要です。今の時代はどうしても塾に頼った中学受験対策になるため、まずクラス分けテストを疎かにしないようにするとようにしましょう。