どんな中学校を受験するべきか

中学受験する場合、志望校を考えるときによくある、大きな問題があります。国立を受験するか公立中高一貫校にするか、私立にするかです。難易度だけを考えて言えば、偏差値で比較することはできますが、それだけで志望校を決めるのは少し乱暴です。それぞれの学校には、それぞれの事情により難易度の考え方は違うからです。例えば、公立中高一貫校は、授業料が安いため、当然倍率は高くなります。

そのため、非常に合格するのは難しくなりますが、だからと言ってその中学校の偏差値ランキングを見ると、他より高いとは限りません。最近は公立中高一貫校に行きたい生徒が増えているとはいえ、国立と同じ試験日だとすると、国立に流れることもありますし、そういった部分も偏差値には表れない部分です。中学受験界において、公立中高一貫校と私立は別物扱いされていますが、最近では公立中高一貫校の卒業生から、難関大学の合格者が増えたことで人気が出て、私立と同じように扱われるようになってきました。

ここでいいたいのは、公立中高一貫校や国立、私立は、基本的に違うため、その偏差値などだけで受験するかしないかを安易に決めることは意味がないということです。どちらを受験するかは、まだ決めていないかもしれませんが、学校の様子やカリキュラムの内容をよく確認して、選んでいくとよいでしょう。