良きライバルが大切

最近の中学受験の入試問題は、ますますレベルがあがり、どの教科も非常に難しい内容になってきました。賛否両論ありますが、それでもこの傾向はおさまりそうもありません。文部科学省では、中学入試において、小学校での学習範囲を超えた問題の出題は避けるように指導していますが、実際は現役の大学生でも解けないような難問が出題される私立難関校は存在します。

特別難関校でなくても、それなりに小学生にしては難しい問題が多く、それを突破するためにも中学受験の対策が必要です。中学受験対策として、まず必須になるのが進学塾です。

進学塾では、その授業内容も大切ですが、そこに通うライバルの存在も非常に大きいものになります。子供の学力アップを考えたとき、仲間は大きな役割を果たします。仲間がいるから苦しい受験勉強を乗り越えることができ、同じ学校に行きたい!という思いで勉強を頑張ることができます。お互いを良きライバルとして捉え、合格というゴールに向けて頑張れることは、心の育みとしても大切なことです。切磋琢磨する仲間づくりのためにも、塾は能力別のクラスを採用しているところが最適で、塾を選ぶときは、そういったクラス制度を設けているところを選ぶといいでしょう。今は、大手の塾のほとんどが能力別クラスを展開しています。