中学受験は親子の受験

中学受験は子供がすることですが、それだけで合格することはできません。中学受験において、子供の学力は保護者の行動によっても変わってくると言っても過言ではなく、重要な要素になります。

例えば、子供が勉強しているとき、保護者が隣でテレビを見たり、ゲームをしていたらどうでしょうか?子どもの学習意欲は、一気に下がってしまいます。それに、自分が一生懸命勉強しているのに、隣でそういう行為をされては、子供の不満は募っていきます。そのためにも親も何らかの勉強をして、その姿を子どもに見せることも大切です。それによって、子供もやる気を出したりするのものなのです。

中学受験を支えるためには、子供のみならず、周囲の大人の協力は必要不可欠です。親、学校、塾がしっかりとサポートすることで、子供は辛く長い受験勉強を乗り越えることができます。

中学受験は親と子の受験と言われますし、塾への送り迎えや、体調管理などは親がすることです。親子で過去問を解いて、内容を分析する作業も必要になってくるでしょう。まだまだ、子供は小学生ですし、自分の力だけで進むことは難しいのです。保護者は、少し子供の目線にたって、ただ合否だけを求めるのではなく、子供の将来を十分に考えて寄り添ってあげることが大切です。