低学年で身に着けたいこと

中学受験を考えたとき、どのタイミングで勉強をスタートするべきか考えると思います。早ければ早いほどいいと思う方もいますが、そうとは一概に言えません。中学受験に向けた本格的な学習開始は小学校4年生からが一般的です。

多くの進学塾が小学4年生から受験対策のカリキュラムを作っています。最近では、1年生から進学塾に通う子供も増えましたが、塾の費用なども考えると、もう少し遅くてもよさそうです。しかし、小学校低学年までに身に着けておくべき大切なことがあります。

受験勉強に必要なのは、まず基礎学力、そして勉強の習慣です。これを3年生までにしっかりと身に着けることで小学校4年からの通塾に大きな違いを生みます。基礎学力がなければ、難しい受験用の問題を解くことが困難になりますし、今まで机に座って勉強できなかった子供が4年生になっていきなり座れるようになるかといったら、難しいでしょう。

子供がどの段階で、学力が伸びるかは分かりません。最初の段階では、なかなか伸び悩んでいても、6年生で一気に成績が伸びる子供もいるのです。それとは反対に最後まで伸びない子供もいます。どちらにせよ、基礎力と勉強の習慣がしっかりと身についていれば、どこかのタイミングで一気に学力が伸びていくことが考えられます。