中学受験の模試の活用

中学受験を控えている生徒たちは、ぜひ模擬試験を受けて欲しいと思います。模擬試験を受けることで、自分に足らない部分が明確になりますし、実力を知ることができます。また、模擬試験を受けることで受験時、問題を解く上での時間配分を考えて解くことができるようになってきます。

そういう意味でも模擬試験は有効な手段です。模擬試験にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴があります。

難易度もばらばらなので、自分が受験にするにあたって意味がある模試を受けるようにしてみるとよいでしょう。ここでおすすめしたいのは、難関中学校を受験する生徒はレベルが高い模擬試験を受けることです。四谷大塚は、レベルがかなり高いので、こういった模試が適しています。

日能研の模試は特徴があり、塾生にとってはやりやすいテストですが、それ以外にとっては難易度が高い問題が多いのが特徴です。好き嫌いがあると思いますが、よく考えてつくられた問題が多いので、よい勉強になります。 首都圏模試は、レベル的には少し低くなるので、塾に通っていない生徒にとっては受けやすい模試になります。極端に悪い偏差値は出ませんが、たまには四谷大塚などの難しいものの間に入れて受けてみながら、計画的に取り入れていくとよいでしょう。