中学受験の目的

中学受験の目的について考えたことがあるでしょうか?どうして、精神的にも体力的にも辛い中学受験を子供たちは強いられるのでしょうか?

地域の差がありますが、多くの都道府県では、受験をする生徒は、しない生徒より少なく、もし合格して私立中学校に行くことになれば、友達とは別れることになります。それでも中学受験するメリットは何でしょうか?まず、早い段階から将来を見据えることができることがあげられます。

地元の中学校は学年によって風紀が乱れていたりすることがありますが、そういった学年に当たってしまうと、なかなか授業がうまく進まず、勉強が進まないことがあります。そういったことを考えると、私立に行くときちんと勉強ができる環境があるので、それを防ぐために、私立中学校を受験する人もいるそうです。また、中高一貫校が増えたことも影響しています。中高一貫校では、高校からの生徒募集をしていない学校が多く、入りたくても高校から入ることはできません。中学受験をして、入学するしか方法がないため受験をすることになるのです。しかし、こういった事情が親の考え方がベースになっているもので、子供は理解できない部分もあります。そうすると、子供の気持ちとギャップが生じることがあるのです。