中学受験の進学塾のメリット

中学受験のために多くの生徒が進学塾を選ぶと思います。進学塾のほかにも個別指導塾や家庭教師など選択肢は広がりますが、ではなぜ、進学塾を選ぶのか考えたことがありますか?まずここでは、進学塾のメリットやデメリットとは何かを考えてみましょう。

メリットとは、入試に関する情報を多く得ることができます。受験の動向や多くの中学校の情報やデータ、テクニックも教えてもらえます。受験校の選び方、併願のしかたなど、細かくアドバイスしてもらえます。授業内容が充実していて、テキストもよく考えられています。多くのライバルと切磋琢磨していけます。定期的なテストで自分の実力を知ることができます。

デメリットは、クラスによっては、授業に追いついていくのが大変です。特に6年生から塾に入ると、追いつくのがかなり苦労するので、場合によっては入塾をしない方法を考えることも必要です。難関校受験に焦点をあわせているので、難関校を狙う場合はいいのですが、それ以外の学校を志望する子にとっては、あまり手をかえてくれないような気持ちになる場合があります。

どちらにせよ、進学塾を選ぶ場合は、できるだけ早い時期に入塾し、できるだけよいクラスに入るように努力することが、一番いい塾の活用方法になります。