算数の問題の解き方を考える

中学受験の算数の勉強では、方程式や公式を学びます。それらすべてを暗記するのは大変で、そのイメージが強いこともあり、算数も暗記科目のように考えている子供がいます。子供だけでなく保護者であっても、公式や解法のパターンを覚え込ませて算数の成績をあげようとすることがあります。

もちろん、公式は重要ですから、覚えなくてはいけにないものです。解放のパターンも覚えれば点数がとれるようになるでしょう。しかし、そういう生徒は、実力テストや外部模試では得点を伸ばすことはできません。こういうものは、こう答えるという思考のパターン化を繰り返していると、同じパターンからずれた問題を見たとき、反応できなくなります。

思考の柔軟性がなくなり少しひねった問題になるとどういうわけか全く解法が思い浮かばなくなるのです。こういった状態を防ぐために、解法や公式だけではなく、解法の考え方を覚えることが大切です。例えば、問題をいろいろな解法で問題を解いてみる練習です。

つるかめ算、植木算、旅人算など、この問題を解くにはこの方法がよいと、ひとつひとつ解法そのものを問題のパターンごとに覚えていくのです。それによって、公式だけでなく、問題から解法を導くことができるようになります。