算数の問題をたくさん解けばいいは間違い

中学受験のためには、とにかくたくさんの問題をとくことが一番大切。こう思っている子供、保護者、そして塾の先生は多いものです。

しかし、これは間違っていると言わないといけません。算数の成績を上げるためには、「計算力」はもちろんのこと、「思考力」や「ひらめき」が重要です。大量の宿題をこなせば、思考することにパターン化してしまい柔軟性がなくなります。また、問題を解くことに子供たちが辟易してしまい、ひらめき力がなくなってしまう可能性があります。問題を解くことが流れ作業になってしまうことが懸念され、これでは中学受験に対応できる算数の力は身につきません。

そこでオススメしたいのが、ややレベルが高い問題をいくつか選び、ひとつひとつよく考えながら解いていく方法です。制限時間を設けて、まず自力で考えて解いていきます。そして、どうしてもわからなければ解答を見る。もしくは解説書を少し読んでヒントを得て、それからまた自力でしっかりと最後まで解くのです。この繰り返しが思考力を育てていきます。

たくさんの問題を解くことは、小学生にとっては苦痛なことですし、やる気をなくすことが一番困ります。そのためにも、少ない問題で確実に成果を出す勉強方法にすることが大切です。